スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TUNRMAKERS モニターイベント

DSCF1043.jpg



23日に、レノアジャパン本社で行われたTUNRMAKERS モニターイベントに参加してきました。今回は三毛犬さんに同伴させていただきました。(三毛犬さん、ありがとうございます)

イベントで紹介して頂いたのは


DSCF1037.jpg


アミノ酸由来パウダー
蒟蒻スクラブ
ハチミツ


の3つ。

アミノ酸由来パウダーは何に使うのかな?と思ったら毛穴カバー用だそう。これまでの毛穴カバー用のベースメイクアイテムとは違い、人工的な成分を使わず100%天然アミノ酸由来の成分から出来ています。

使い方は簡単で、下地、リキッドファンデ、ルースパウダーにまぜるだけ。もちろん直接塗っても大丈夫。とても細かいパウダーなので、何にでも良く混ざります。

蒟蒻スクラブが入った洗顔料はアテニアで使ったことがありました。粒が丸いから肌を傷めないんですよね。天然成分のスクラブだと破片状なので肌を傷つけることもあるんのだそうです。

DSCF1040.jpg


確かにアーモンドとかのスクラブは好きだけど、若干じゃりじゃりしてますね。


DSCF1041.jpg


蒟蒻スクラブは肌当たりがなめらか。しかも洗い流しやすい。

この蒟蒻スクラブは粉末だけが瓶に入っているからとても便利。自分が使っている洗顔料に混ぜてスクラブ洗顔が出来るし、量も調節できるから、好みの感触の洗顔料が作れます。

ハチミツはとろりとしたハチミツそのものの美容液ですが、精製して肌に優しくなっているのです。そしてハチミツは固まりやすいので、グリセリンを入れることで固まらないようになっています(ちなみにグリセリンを入れてあると温感効果もあるそうです)。

使い方は色々で、これだけでマッサージしてもいいし、スクラブと混ぜてもいいし、クリームに混ぜて塗ってもいい。ハンドクリームに混ぜると手を洗ってもしっとり感が続くそうです。

この3つ、一週間使ってみてとっても気に入ってるんですよ。だから個々のアイテムについては改めて詳しくレポします。


DSCF1031.jpg


アミノ酸由来パウダーは最新号の美的にも掲載されているんですよ~。

イベント後、地元のシャンドエルブを覗いてみたら、TUNRMAKERSの品揃えがとっても良かった!今度は気になるものを買ってみます。








ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。




スポンサーサイト

テーマ : スキンケア&コスメ - ジャンル : ファッション・ブランド

ニューシネマパラダイス

ニューシネマパラダイスは父が一番好きな映画だそうで(他に好きなのはウディ・アレンの映画)。海の上のピアニストは「ニューシネマより良くない」と落胆していました。

その父がビデオに撮って置いてくれたのを10何年か前に見ました。その時みたのはオリジナル版。

そして4月にNHKが放送していたのはそれよりもっと長い完全オリジナル版です。

なぜか私、評判の良い劇場公開版だけは見る機会を逸してしまっています。

とにかくトト少年期、青年期のお話が良すぎます(少年>青年ではあるけれど)。少年トト、本当に可愛いよ~。青年になると一気に濃い顔になりますが、エレナとの恋のお話は涙が出ます。特に100日窓の外で待つって話が好きです。深草の少将のお話と似てるんですよね。

若いトトのパートが良すぎるゆえ、壮年トトのお話は蛇足、と言われがちなのですが、少年トトのパートで出てきたエピソードが意外な複線になってたり、謎解きがあったりして「ああ!」と思うところも多いんですよね。

でも、壮年トト部分はちょっと長いのは確か。エレナとの絡みが長いと、アルフレードとの友情がぼけてきてしまうようにも思えるんですよね。

ここは劇場公開版を見て比較するしかないですな。

ともあれ、ラストは感動の雨あられ。何度みても泣けてしまうのでした。音楽も素晴らしいし、やっぱりいい映画だと思うんですよね~。






ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。




テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。