スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAYURI

HDD空き容量増やし月間なので、昨日も頑張って映画を一本見ました。見たのはSAYURIです。

夫は出張で乗った機内で見たそうで、「面白い(あまりいい意味ではなく)から見てみて」とやたら勧めてきてわざわざ録画したんですよね。

…微妙でした。

主役のチャン・ツィイー、コン・リー、ミシェル・ヨー、謙さん、役所さん、桃井さん、工藤さん(夫のお気に入りキャラ、おカボちゃん)、主たる登場人物の演技はとてもいいと思いました。でも、いい映画とは思わなかったんですよね。ストーリーに無理があるせいかなあ。

舞台は京都で、頑張って雰囲気を出そうとしているのは感じられます。でも、やはり「これ。どこの国?」と思ってしまうような場面も多いですね。この映画にしても、ラストサムライにしても、日本を舞台にすると難しいですね。

謙さんはいつもながら堂々としてて存在感を放っていましたが、役所さんが予想以上に素敵だったのでびっくりしました。バベルも録画してあるので、見るのが楽しみです。(関係ないけど、役所さんを見て、真田広之さんはもっと役柄を選んで外国映画に出て欲しいなあと思いました。まだ無理なのかなあ。でも、なぜSFとか出るの?好きなだけにちょっとはがゆいなあ)


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。






テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。