スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾燥する季節にぴったりのベースメイクです

Blingのモニターとして


101003cu.jpg


花王「Curel」

を長期お試し中です。使い始めて2ヶ月が経ちました。

乾燥性敏感肌の方のためのベースメイクですから、「肌には良くても仕上がりは今ひとつだったりするんじゃないかしら?」なんて思っていたのですが、使ってみたらスキンケアを特に謳っていないベースメイクものと遜色ないきれいな仕上がりでびっくり。


101003cu (3)

101123curel.jpg


101003cu (4)

101123curel (1)



私、ツヤ肌仕上げってあまり好きじゃなかったんです。テカテカに見えるんじゃないかと気になってしまって。でも、花王「Curel」のクリームファンデーションの仕上がりはテカりに見えないの。ほどよくツヤがあって自然なのです。しかもキレイに粗はカバーできてます。いつもはルースパウダーやプレストパウダーをバッフバフはたいていたけれど、花王「Curel」のフェースパウダーは本当に控えめに控えめにはたいています。

そして肝心な肌状態。日中の肌状態はかなり良い感じです。秋冬は乾燥で頬なんかはどんどんパサパサした肌の質感になってしまうのですが、花王「Curel」で仕上げると潤ったまま。

しかも、クレンジングジェルが潤いを守ってメイクを落としてくれるからクレンジング後も突っ張ることもなくなりました。

さすが、技術力に定評のある花王さんが作っているだけあるなあ、って感動しました。

私の肌状態は真冬~春先にかけて一年で一番悪くなっていく傾向があり、ファンデを塗るどころじゃなくなってしまうのですが、花王「Curel」のベースメイクならコンディション悪くなっても使えそう。



花王「Curel」についてもっと知りたい方はこちら













ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。











テーマ : スキンケア&コスメ - ジャンル : ファッション・ブランド

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。