スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番見ているのは

こんにちは。

日曜から夫がシンガポール出張にでておりまして、私とデラ子は実家で過ごしております。デラ子のご飯は作りますが、家事をしなくていいのでかなり楽しております。そして、デラ子がなぜか実家ではぐっすり眠れているので夜泣きにも今のところ悩まされていません。

昨日は市内の総合病院に行ってお尻を見てもらいました(もちろんデラ子が、です)。7月末に切れ痔になってしまってそれはすぐ治ったのですが、8月中旬からお尻の中に何か見える!すぐに内痔核を疑ったのですが、かかりつけのお医者様はたとえそういうのができてたとしても大丈夫っておっしゃるんですよ。

それでひとまず安心して、10日ごとにかかりつけの小児科に通って便秘治療をしていました。

でもね、やっぱりときどき硬いうんちをするとお尻の中にいぼみたいなのが見えるんです。あ、なぜ私が見えてるかというと、お手伝いがないとうんちがしっかり出せない子だからです。野菜とか水分・油分とか、食事にはかなり気をつけているんですが、やわらかいうんちであっても思い切りはいきんでくれないんですよ。

かかりつけの先生も大丈夫としかおっしゃらないし、夫にも両親にも「そんなわけない」とバカにされましたが、気になって仕方ないので、小児外科で見てもらう!って言い張りました。小児外科、市内に2箇所しかないので大変なんですが…

結果…やっぱり内痔核ができていました。それはお薬ですぐ治るんですが、肛門付近に便をためる癖があるらしく、それでうっ血が治らないんだといわれました。というわけで今まで飲んでいたマルツエキスでは効果が薄いので、マグネシウムを飲むようにいわれました。

先生に「私、(この子のお尻が変だと言うたびに)ずっとバカにされたんです」というと

「この子をちょっとしか見てない人にはわからないの。ずっと見ているからわかるのよ」

と先生がおっしゃいました。なんかね、嬉しかったです。

色々な不安が解消し、ホント、診てもらってよかったです。

お尻の治療と便秘の治療はなかなか大変ですが、頑張ります。

私にも言えることですが、世のママたち、自信を持ちましょう!お子さんを一番見ているのはママなんですよ~。

テーマ : ★1歳日記★ - ジャンル : 育児

Comments

こんばんは

私も生後2カ月半の息子がいるのですが、ダイヤさんと同じような体験を最近しました。
私の息子の場合は風邪だったのですが、息子の体調の変化に一番最初に気づいたのは私でした。

私自身が妊娠中に痔になったことがあって、出産後も悪化して大変だったので、娘さんのつらさもわかります。
そのつらさを一番最初に気づいてあげられたというのは、やはり母親として常に見ているからなんでしょうね。さすがです。

私自身、子育てがはじめてなので、息子の言動に毎日一喜一憂しています。
不安はつきませんが、母親として精一杯のことはしてあげたいといつも思います。

みいさんへ

コメントありがとうございます。
息子さんのおかぜ、もう治りましたか?風邪もひき始めはママ以外はなかなか気づかない
ものですよね。

娘の痔は痛みはないようで(切れ痔のときは絶叫してましたが、内痔核は痛くないそうです)
お薬できっと治ったと思います。便秘薬のおかげで今はすっきりしてるみたいで、
うんちの後の元気さは半端ないです。

子供にはできる限りのことをとのお気持ち、わかります。それが母親ですもんね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。