スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘、映画館デビューしました

うちの娘、2歳半ごろから家でディズニー映画(プーさん)見るようになり、3歳越えたらプリンセスの映画をみてもだいぶストーリーが理解できるようになっておりました。

昨年末から、D-LIFEでアナと雪の女王のCMをたくさん放送してまして、娘も大変興味を持ちました。で、映画見に行きたいと言い出しまして。

まだ3歳だし、映画館で騒がずに見られるだろうか、他の方に迷惑にならないだろうかと2ヶ月悩みましたが、アナと雪の女王は春休みということもあり、家族連れがかなり多いとききましたので、思い切って昨日見に行きました。

平日の9時の回でしたので、やはり家族連れと小学生の女の子同士がほとんどでした。

映画自体は1時間半くらいあったと思いますが、かなり集中して見てました。椅子の座り心地が子どもにはあまり良くなかったようで、モゾモゾすることもありましたけど、驚くほどちゃんとできたので、我が子の成長を感じました。

で、映画の感想。

ディズニー映画は吹き替えで見るのが多いのですが、今回の吹き替えも素晴らしいですよ。松さんのlet it goもイディナメンゼルほどの大迫力ではないものの、力強く、解放されたエルサの心情を歌い上げてました。

でも、私が1番感動したのはさやかさんの吹き替えと歌。アナの歌のパートは多く、さやかさんの歌声がたっぷり楽しめます。時々聖子ちゃんぽさもあり、やはり血は争えないと思いました。吹き替えもチャーミングなアナのイメージにぴったりでした。

彼女はこれから全てのディズニープリンセスの吹き替えやって欲しいくらいです。舞台も見に行ってみたいなあ。

ストーリーはネタバレしてはいけないので、触れられませんが、ラプンツェルみたいにコメディタッチのところも多く、重たくなりすぎてないので、子どもも楽しめると思います。オラフのお陰かな?オラフ、可愛い。

不満はハンス王子とクリストフがイケメンでないところですかね(笑)フリンライダー並みのイケメンであって欲しかったな。フリン、プリンセス映画の相手役では一番好きです。

吹き替えはもちろんよいのですが、DVDで字幕でも楽しみたいな。

そうそう、夏にアンジー主演のマレフィセントが公開されるのです。予告を見てきました。アニメの眠れる森の美女とはどう違うのか、気になります。娘も興味津々でした。

とにかく、娘の映画館デビュー、大成功でした。

テーマ : ディズニーアニメ - ジャンル : 映画

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。