FC2ブログ

大爆笑

私は生徒さんに音楽や本の情報をもらうことが割と多いのです。

SANY0381.jpg

高田純次さんの適当経典も、生徒さんがはまっているそうで、「良かったら先生も読んでみて下さい!」と貸してくれました。

一応悩み相談に純次さんが答える形式なんですけれども答えが全てテキトー。こんなにテキトーなことを本にしちゃっていいのかしら?という内容です。でも、爆笑すること間違いなしです。私は帰りの電車の中で読んでしまい、時々吹き出してしまい、怪しい人になっていたと思います。

高田純次さんは東京乾電池の一員として、笑ってる場合ですよ(古!)に出演なさっていましたね。小学生の私はなぜかベンガルさんのファンで、純次さんは「変な人」という印象が強く残っています。

柄本さんは立派な俳優さんになり、ベンガルさんが意外にも小さくまとまってしまったなか、一人わが道を歩み続け、テキトーな人間の代表的存在として活躍中の純次さん、素敵です。

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)