スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッド シェパード

羊飼いの映画ではありません。CIA工作員の男性のお話です。

主人公エドワードは太平洋戦争前、イェール大学在学中に秘密結社にスカウトされ、戦後はCIAにずっと勤務します。妻子もいますが、何の仕事をしているかは一切明かさず、妻子は猜疑心と恐怖心の中で生きなければなりません。当然家庭も崩壊。

007のような華麗なスパイは描かれません。スパイって大変な職業だなあ、と思うようなことばかり。

エドワードの青年期~中年期をマット・デイモンが熱演。でも、かっこよくはないですね。ジェイソン・ボーン(ボーンシリーズのマットは何てかっこいいんでしょう)を期待するとがっかりするかもしれません。雰囲気としてはリプリーの時みたいな感じ。マットって映画によってかなり雰囲気が変わりますよね。

映画の内容は正直イマイチだったのですが、マットと脇を固める豪華な俳優さんたち(ウィリアム・ハート、アレック・ボールドウィン、ジョン・タトゥーロ、そしてアンジー)の演技は堪能できました。







ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。





テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。