スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクサー

WOWOWでフィクサーを放送していたので観てみました。ティルダ・スウィントンがオスカーを獲った演技をみたいな、と思ったので。

監督はジェイソン・ボーンシリーズの脚本家、トニー・ギルロイ。ボーンシリーズは話は複雑ですが、スピーディでスリルのある展開が好きです(マットもこの映画限定でカッコイイですね)。

う~ん、期待が大きすぎたかなあ?イマイチでした。ジョージ・クルーニーが揉み消し屋の本領を全く発揮していないし、「けっこういいやつ」でしかないのでジョージの設定意味ないのでは?と思えてしまうのです。

そして重要キャラとはいえ脇役の、トム・ウィルキンソンやティルダの印象が強くなってしまっています。もちろん彼らの演技は素晴らしいのですが…

私は切れ者でちょいと嫌なやつのジョージを期待していたので、肩透かしを食らったような感じです。

ジョージ・クルーニー主演の映画で観たものはなぜかどれもイマイチな気がする…





ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。





テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。