スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火垂るの墓

恥ずかしながら初めてみましたよ、火垂るの墓。

毎年やっているからいつでも見られると思っていたら昨年は放送しませんでしたね。

なんというか、時々ほのぼのするものの、2時間きつい話の連続で、見終わったらぐったりしてしまいました。

可愛い節子がだんだん衰弱していくのを見ているのは辛くて辛くて。可哀想の一言ではとうてい済ませられないですよ。

意地悪なおばさんにも、清太さんにも腹が立つんですけどね、根本的に悪いのは彼らじゃないので、責めちゃいけないんですよね。おばさんムカつく、清太さんもっと我慢すればよかったのに、で終わっちゃダメなんですよね。

来年放送したら見るかと聞かれたら微妙なんですが(辛すぎるんだもの)、いつまでも終戦の日付近に放送し続けて欲しいなあ、と思うのです。

同じ時間帯でビルマの竪琴もやっていたんですよね。一番有名な「みずしま~」のシーンは見られましたが、録画しなかったことを後悔しています。






ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。







テーマ : 邦画 - ジャンル : 映画

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。