スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんぶ、フィデルのせい

だいぶ前に見たのですが、かなり面白かった映画です。

フィデルとはもちろんフィデル・カストロ(最近ニュースを聴かないけれど、元気かな)。でも、この映画に直接的には関わってきません。

主人公のアンナはつねにふくれっつらで勤めて可愛くない顔で演技をしてるんですけどね、なんだかそれが可愛い。

アンナが不機嫌なのもわかるっていうか。裕福だったのに両親がいきなり共産主義に目覚めて質素な生活に変わっちゃったらそりゃ納得行かないよなあ。学校でも聖書の授業に出られなくなって友達と溝が出来ていくのも気の毒。

環境の変化に純情で着ないアンナに対し、弟はさっさと適応していっちゃうところが可笑しい。幼児の適応能力はすごいな。

最終的にアンナはものすごく成長し、意外な形でハッピーエンド。

子供映画としては出色の出来です。お薦め。







ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。







テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。