スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇帝ペンギン

これはですね、見たのはだいぶ前です。日本語吹き替え版でした。

皇帝ペンギンの生態をここまで追ったのはすごい。群れを成して歩いていくところ(時々滑る)、ぶるぶる震えながら卵を温めるところ、えさ集めに行くところ、襲われちゃうところ、ぜんぶリアルで無駄な映像が一切なし。

皇帝ペンギンの暮らしは楽じゃないですね。

でも、ペンギンを擬人化したナレーションが受け付けない。気持ち悪いです。神木君の子ペンギンだけは可愛いけど。あれがフランス人俳優さんたちでも受け付けないな。モーガン・フリーマンがナレーションしただけのバージョンが見たいです。

それからヘンテコな音楽(というか歌)がまた気持ち悪い。

優れたドキュメンタリー映像には余計なものをつけて欲しくないんですよね。日本でも緒方直人(拳さんが一番ですけどね、直人もいいですよ)がナレーションすればよかったのに。

文句ばっかり言っているように見えますが、ペンギンたちと映像は素晴らしいので一見の価値はあると思います。






ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。







テーマ : ドキュメンタリー - ジャンル : 映画

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。