スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資生堂 新・美白ブランド「ビューティーセミナー」 その1

12月21日にワード資生堂で行われた


091222eli7.jpg


資生堂 新・美白ブランド「ビューティーセミナー」

に参加してきました(トレンダーズさんの招待です)。

私、この夏は夕方ジョギングのせいでかなり日焼けしてしまい(美白してたのに)、自分は日焼けしやすい体質ということを思い知らされました。今は元に戻りましたが、やはり一年通して美白、紫外線を避ける、はしていかないといけないなあと思っております。

だから、新しい美白ブランドには興味津々でした。

そのブランドは


091224eli1.jpg


エリクシールホワイト

あら、エリクシールシュペリエルに美白アイテムあるじゃない?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。2月にエリクシールホワイトが発売されるのに伴い、エリクシールシュペリエルの美白は徐々に淘汰されていく模様です。位置づけとしてはかつてのUVホワイトが近いようですよ。

1917年に日本初の美白化粧品を発売した資生堂、日本の美白を常にリードしています。その資生堂が着目したのが「くすみ」。

紫外線対策をしているのに、肌が暗く、くすんでいる


091224eli2.jpg


と感じる人が多いからだそうです。たしかに私もくすみが気になります。加齢とともにくすみはどんどん進んでいってしまうんですよね。


091224eli3.jpg

091224eli5.jpg


くすみの原因は角層が不透明になってしまうから。角層は0.02ミリのごく薄い層ですが、もとは半透明。そして見ための印象を左右するのは実は角層なのです。でも、紫外線・汚染された空気・たばこ・排気ガスなどの影響により、角層のたんぱく質が変性し、不透明になってしまうのです。

角層の不透明化をストップさせるのがリジンという成分。この成分が配合されているのはエリクシールホワイトだけなのです。


091224eli4.jpg


でも、角層の透明度を上げるだけじゃないですよ。エリクシールホワイトは乾燥や肌ダメージもケアしてくれますし、美白有効成分m-トラネキサム酸がメラニンの生成も抑えてくれます。

ここまでがエリクシールホワイト全体の説明。このあとメイクを落として個々の製品をお試しします。

次に続きます。

















ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。







テーマ : スキンケア&コスメ - ジャンル : ファッション・ブランド

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。